【一般歯科(虫歯治療)】虫歯の治療が苦手という人をへらしたい

あまり歯医者にいらっしゃらない方の場合、虫歯の治療は機械を使って、歯を削るものだと思われているものかもしれません。歯を削られるのが嫌で、痛みをガマンできなくなるまで虫歯を放置してしまう。そして、歯医者に来た時には、かなり悪化してしまっているというケースも多く見られます。

一般歯科

初期段階の虫歯であれば、フッ素入りの歯磨き粉を使って、丁寧なブラッシングを行うことで改善できます。ですが、虫歯がエナメル質の下にまで進行してしまうと、削る治療が必要となってしまうのです。

歯医者が苦手な人にこそ、治療に来ていただきたい。その想いを実現するために、当院では、できるだけ歯を削らない、痛みの少ない治療をめざしています。

このページでは当院の一般歯科についてご説明します。

可能なかぎり、痛みの少ない治療を

●注射の痛みを減らす表面麻酔
●患者さんのタイミングで治療

痛みの少ない虫歯治療をするために、当院では様々な取り組みを行なっています。

たとえば、麻酔の時には注射のチクッとした痛みを軽減するために、歯ぐきへ麻酔薬を塗る表面麻酔。また、麻酔液を温めることで、麻酔をする際の不快感を軽減します。

治療を怖がっている方の場合、急いで治療に進むのではなく、世間話をしたり、「大丈夫ですよ」などと声をおかけしながら、ゆっくり治療に入らせていただきます。患者さんの表情を見て、患者さんのタイミングに合わせて、できるだけ痛みを与えない治療を行うこと。それが当院の治療方針です。

歯を削らない・歯を抜かない治療をめざして

歯を削らない・歯を抜かない治療をめざして●できるだけ歯を削らない
●残せる歯は残せるように

どんな方でも「自分の歯を削りたい、歯を抜きたい」と思われる方はいないものだと思います。当院では、患者さんの身体のことを考えた上で、なるべく歯を削らない・歯を抜かない治療を心がけています。

また、治療の際に神経を取らないように注意しています。それは、神経をとった歯はもろくなっていき、割れやすくなってしまうからです。

万が一、歯を抜くことが必要な場合でも、麻酔をしっかり効かせることで、患者さんが痛みを感じない治療を行わせていただきます。

【虫歯のレーザー(ダイアグノデント)】虫歯の正確な把握
ダイアグノデントレーザー光によって、肉眼では見えない早期の虫歯を発見し、虫歯の程度を測ることができる診断機器です。虫歯を発見し、尚且つ虫歯の程度を数値化して正確に把握するとこができます。客観的で正確な診断の為に使用します。

【マイクロスコープ】できるだけ削らない治療を行うために
マイクロスコープ歯科治療では、肉眼では確認できないほどの細かい作業が必要とされます。そこでドクターの強力な武器となるのが、この「マイクロスコープ」とよばれる顕微鏡です。

当院で使用するマイクロスコープは、眼科や脳外科手術などで使用されているのと同様のもの。最大で肉眼の約数十倍での処置ができるため、本来抜かなければならない歯でも残せるなど、治療処理が飛躍的にアップします。

歯のことならお気軽にご相談ください。

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら



コールバック予約