小岩で長年ご愛顧いただいている高木歯科医院の歯周病治療についてのご説明です

高木歯科医院は小岩で数多くの患者さんの歯のお悩みを改善してきた実績のある歯医者さんです。
中でもサイレントディジーズ (Silent Disease:静かなる病気) とも表現されるようにひどくなるまで病気と自覚される事の少ない歯周病の治療に力をいれています。
歯周病 (昔は歯槽膿漏と呼ばれていた病気ですね) は、細菌の感染によって引き起こされる痛みが無いから気づきにくい炎症性疾患で、放置して進行すると歯を支える土台が溶けてしまい、歯が動かなくなるようになってしまい、最終的には抜歯しなければならない恐ろしい病気です。
高木歯科医院では飲み薬と塗り薬を使って、歯周病を改善していく治療で数多くの患者さんの歯を救ってきました。

【歯周病治療】ものを噛むと、歯ぐきから血が出ませんか?

「食事や歯みがきをすると、歯ぐきから血が出る」
「なんだか若い頃に比べて、歯ぐきがやせてきた」
そんな実感のある方は、歯周病を疑ってみてください。

歯周病は早期発見が重要となる病気です。遺伝や加齢も原因にはなりますが、歯周病菌を取り除くことで進行を止めることができます。

歯周病治療

このページでは当院の歯周病治療についてご紹介します。

<歯周病治療はこんな方にオススメ>
・歯がグラグラする
・歯ぐきから血が出る
・一生ものの歯を守りたい
・口臭がないか気になる

歯周病は早期発見が大切です

歯周病は早期発見が大切です「歯ぐきから血が出る」「歯ぐきがやせてきた気がする」
「歯がグラグラしてきた」「口臭が気になる」
そういった症状がある方は、歯周病の可能性が高いと言えます。

歯周病とは、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)が溶けてしまう病気です。そして、支えを失ってしまうことにより、歯が抜けおちてしまうのです。一度、溶けてしまった歯槽骨は元には戻りません。
 ※『再生療法』とよばれる治療では骨をつくることは可能

進行を食い止めることはできますが、完全に治すことはできないのが歯周病の特徴。また注意していただきたいのが、歯周病は痛み無く進行する点です。自覚症状が出る頃には、かなり進んでしまっています。

日本人の大半がかかっていると言われる歯周病ですが、放置しておくと、どんどん悪化してしまいます。気になる方は、ぜひ定期検診にお越しください。

【歯周内科】薬によって、歯周病を改善

歯周内科飲み薬と塗り薬を使って、歯周病を改善していく治療が歯周内科です。

従来の歯周病治療では、スケーラーなどの専用器具を使って、歯石やプラークなどに含まれる原因菌を除去する治療が一般的でした。それだけでは改善できない歯周病の場合、歯の根についてしまった歯石を取るために、歯肉を剥がして治療する必要がありました。

歯周内科では、痛みのある外科手術が不要ですので、安心して歯周病を改善することができます。歯周病にお悩みの方は、ぜひ当院へお越しください。

歯周内科の流れ
・歯周病菌検査
顕微鏡を使って、口の中の菌の状態を確認させていただきます。「歯周病菌がいるか?いないか?」、「歯周病菌はどうなっているのか?」を観察し、治療が必要な場合には、治療にうつります。

・飲み薬(ジスロマック)を服用
1日1回2錠を服用してください。

・シロップ(ハリゾン)によるハミガキ
ブラシにシロップ(ハリゾン)をつけ、歯と歯茎の間へこすり付けるようにして研磨してください。

・除菌後の歯石とり
薬剤の服用に合わせて、歯周病の原因菌の塊である歯石を取り除きます。

※ハリゾンとは、抗真菌剤(抗カビ剤)のひとつ。歯周病の原因は、歯周病菌とカビの一種であるカンジダ菌が関係しています。

これまでどうしても歯周病が治らなかったという患者さんや、もう歯を抜かなければならないと思って当院に来院された患者さんでも、当院に通院して根気よく治療を続けた結果、症状が改善し、抜かなければならないと思っていた歯を抜かずにすんだという患者さんが多数いらっしゃいます。

歯のことならお気軽にご相談ください。

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら



コールバック予約